夜勤の働き方〜グループホーム編〜

グループホームくまのみや(知的障がい者4人が共同生活している場所)

15:30

スタッフ(ヘルパー)は出勤して前日までの利用者の様子が書かれた記録や生活費を確認します。

​16:00~18:00 

4人がそれぞれの日中働いているの作業所から戻ってきます。あいさつに行くと...

Aさんは自分の好きなヒーローを

メモ帳に書いたそうです。習字が得意で字が非常にきれいです。

​Ⅰさんは作業所の遠足で上野に行った時に買ったかわいいお土産を嬉しそうに見せてくれました。

18:00

みんなで夕食。夕食作りの方が来て作ってくれることもありますが、普段の夕食はスタッフ(サポーター)がみんなの分を作ります。

Ⅰさんの大好きなお好み焼きの日は、ホットプレートでみんなの分を焼いてくれます。

19:00

曜日によっては、近くで一人暮らしをしている利用者(サテライト)がグループホームにご飯を食べに来ます。

夕食後は自室でテレビを見たり、リビングでお茶を飲むなどそれぞれリラックスした時間を過ごします。

​スタッフ(サポーター)は利用者の様子の記録をつけたり、利用者の衣類の洗濯、入浴、服薬、歯磨きなどをサポートします。

6:00~9:30

スタッフ(サポーター)は起きて朝食の準備をします。利用者と朝食を食べ、作業所に行く準備をして見送ります。その後、グループホームの掃除や記録を書いて、次のスタッフ(サポーター)に引き継ぎをして上がります。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now